忍者ブログ

看護師が働く病院・施設

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脳梗塞の画像診断における異常のフォローアップ

脳ドックを実施している医療機関は、受診者が他の医療機関との比較検討を行いやすいように検査項目をWEBサイトに公開していることが理想です。また、日本脳ドック学会では、学会の基準を満たす検査項目として、頭部・頸部MRI・MRA、一般的血液・尿・生化学検査、心電図、医師による問診を必須としています。

頭部の画像診断

脳ドックの受診者に発見される異常として多いのが、頭部MRI・MRA検査における「無症候性脳梗塞(別名:隠れ脳梗塞)」ですが、脳ドックの担当医はフォローアップ時にどのような点を留意すればよいのでしょうか?

明確な脳卒中の既往がない症例の無症候性脳梗塞は、年齢に比例して増加しますが、それらの症例では将来、本格的な脳梗塞や認知機能障害のリスクが上昇することを説明することが大切です。その際に過度の心配を招かないように配慮しながら、説明する姿勢も求められます。

無症候性脳梗塞が見つかった場合、MRIおよび頸部エコーを1~2年毎に受けて経過観察が必要です。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの脳卒中のリスク要因の治療と禁煙を勧め、過度のアルコール摂取を控えるように説明します。

無症候性ラクナ梗塞に対しては、アスピリン、クロピトグレル、シロスタゾールなどの抗血小板療法を直ちに勧めるのではなく、合併する他のリスク要因、無症候性脳梗塞の数、頭部および脳内血管の狭窄性病変の有無、心・末梢血管の動脈硬化性病変の有無などを慎重に考慮したうえで、本格的な脳梗塞の発症理数が高いと判断される場合にのみ実施すべきです。

無症候の境界域梗塞例では、心臓側の脳主幹動脈の狭窄・閉塞および心疾患の既往を十分に精査したうえで、抗血小板療法・血管外科的療法などを考慮します。

脳梗塞の重大なリスク要因である高血圧の治療を行うことは重要ですが、内頚動脈の高度な狭窄がある場合、急激な高圧治療は慎むべきです。自覚症状や脳血流の低下に伴う症候に注意しながら、まず140/90mmHgを目標にして降圧をはかります。

PR